義歯(入れ歯)・インプラント・ブリッジ

歯を失ったらどうすればいい?

入れ歯にするかインプラントやブリッジにするかはじっくりご相談させていただきます。

入れ歯のメリットは、保険がきくため、比較的安くつくることができ、治療期間も短く済むことです。自分で取り外しができるので、お手入れし易いというのも嬉しいですね。
しかし奥歯の入れ歯の場合、インプラントと比べると、取り外しの際に前歯に当たって前歯を損傷させてしまうこともあります。これは受け口の方に多いパターンです。
インプラントなら、もちろんそういった心配はありません。

入れ歯は取り外しができますが、インプラントは歯に近いものを入れて固定し、食べ物を噛めるようにします。ですから、しっかり固定されているインプラントと、取り外しができるという点で固定されていない入れ歯の場合では、「噛む」という点では入れ歯の方が不安定です。

インプラントは他の歯に負担をかけませんので、ひとつの「歯」としてきちんと噛めるのが大きなメリットです。
インプラントは自然の歯に近い状態をつくるものですから、かつて自分の歯で噛んでいた頃の感覚を取り戻せます。
インプラントにするか入れ歯にするかは、価格も大きく違いますので、双方のメリット・デメリットをよくご説明した上で、患者さまに選択していただいております。

インプラント

「自分の歯のように噛める」

様々な理由で歯が無くなってしまったところに人工の歯を植えつける治療のことです。ブリッジなどとは違い両隣りの健康な歯を削ることなく、抜けたところに必要な本数を植えることが出来ます。もちろん、一本も歯が残っていない方でもインプラントは可能です。
ただし、インプラントは歯肉を切開して骨に穴を開ける手術が必要になります。

《メリット》

・自分の歯のように違和感なく噛める
・他の歯を削る必要がない
・入れ歯などに比べて審美性が増す

《デメリット》

・手術が必要
・保険がきかないため治療費が高額になる
・治療完了まで期間を要する

入れ歯(義歯)

歯が欠損した歯肉の上に着脱式の人工の歯をはめる治療方法です。
歯の一部分を失った場合は「部分入れ歯」、すべての歯を失った場合は「総入れ歯」になります。

《メリット》

・他の歯を削る必要がない
・保険の範囲でも治療が可能
・大きな欠損に有効

《デメリット》

・少なからず違和感がある
・噛む力が弱いので硬いものが食べづらい
・毎日の手入れが面倒

入れ歯の種類

チタン床

金属床義歯金属床の中で最も薄く作られており、お口に入れた際も違和感なく、また熱伝導もいいのでお食事も美味しく頂けます。

《メリット》

・体への親和性が高い
・金属床の中で最も薄くて丈夫
・金属アレルギーの方にも使用可能

《デメリット》

・口を開けると金属部分が見える
・保険適用外
・コバルトクロムより高額

コバルトクロム

金属床の中では比較的費用負担が少ない義歯になります。プラスチック義歯よりもバネが小さくなり、目立ちにくくなります。

《メリット》
・ほとんどの症例で使用可能
・割れにくく、変形しにくい
・食事の際も温度感覚が自然に近い

《デメリット》
・チタン床義歯に比べて、やや重い
・修理が難しい
・金属アレルギーの方には適さない

マグネットアタッチメント

マグネットデンチャー歯の根っこには、磁石を吸着させる金属を接着し、入れ歯には磁石を埋め込みます。使用するのは小型磁石ですが、強力な吸着力があるので、安定性が高く、入れ歯がずれたり、外れたりすることがなくなります。

《メリット》
・針金を使わないので見た目が良い
・着脱が簡単で使いやすい
・ガタつきがなく、違和感が少ない

《デメリット》
・土台になる歯の本数が少ない場合には適用できないことがある
・MRI検査を受ける際には、歯科医院での事前の処置が必要

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプデンチャー金属のバネを使わずに、弾力性のある特殊な樹脂を使用した審美性重視の義歯です。部分義歯でよく使われる素材の1つです。

《メリット》
・金属のバネを使わないので審美性に優れている
・軽いので違和感が少ない

《デメリット》
・総義歯には使用不可
・金属床に比べて耐久性が劣る

インプラント義歯

アゴの骨にインプラントを埋め込み、その埋め込んだインプラントを土台にして入れ歯を装着するという治療法です。

《メリット》
・入れ歯の中で最も固定される
・噛む能力も回復しやすい
・外れることもなく違和感もない

《デメリット》
・手術が必要
・保険適用外なので高額になる
・治療期間が長い

ブリッジ

欠損した歯の両隣の歯を削って土台を作り、そこに人工の歯を装着する治療方法です。着脱する必要はありません。欠損した歯の数が少ない場合に行います。

《メリット》

・入れ歯より噛める
・固定式のため違和感がない
・保険での治療も可能

《デメリット》

・健康な歯を削る必要がある
・負担がかかる両隣の歯の寿命が短くなる
・歯肉との隙間に物が詰まり不衛生になる

各種デンチャー(義歯)

ノンクラスプデンチャー100,000円~
(1年保証)それ以降は修理代1万円別途
アタッチメントデンチャー(金属床)
片顎220,000円
両顎300,000円
金属床義歯(CoCr)(チタン)
片顎150,000円+40,000円
両顎200,000円+40,000円
前歯含む両側250,000円+40,000円
総義歯240,000円+40,000円
マグネットアタッチメント(1本)60,000円

※表示価格は、消費税別